July 03, 2006

ROVERのMINI。

一時期、ROVERのMINIが欲しくて友人と専門店を見て回ったことがある。

やはりMINIはその愛らしいスタイリングからか、現在でも人気があり車趣味の一ジャンルとして確立されている。なので個性を演出することはあまり出来ないが、アフターパーツの豊富さや、ノウハウ蓄積の容易さでは色々メリットがあるように思い、興味が湧いた。

だが色々見ているうちに、車内の窮屈さやエンジンルームの整備性の悪さ、長時間は少々辛い乗り心地等に魅力を感じなくなり、購入することはなかった。またMINIに乗っている方はとても根性があると感心した。この車で驚いたのは、スペースを稼ぐ為にエンジンとミッションが一体となっており、オイルも共有しているということだ。あとサスにラバーコーンというゴムの塊を用いているということである。アフターパーツでコイルスプリングも発売されているようだが、この設計思想はすごいと思った。

個人的にAT車が好きなこともあり、MT主流のMINIには食指が動かなかったが、街中で見掛けると、つい気になってしまう車であることは今も変わらない。Rover_mini2_b

| | Comments (1) | TrackBack (0)