November 13, 2006

PEUGEOTの405。

義父母にお勧めの10万円外車、第7弾。

それはPEUGEOTの405。

中古車価格は激安だし、あのプレーンで質素だけど洗練された佇まいま堪らない。異質ではないのに何故か目に留まる。このクルマをデザインした方のセンスには脱帽である。

何がかっこよく見せるのだろう。特徴を言えと言われても言えない。本当にプレーンなデザインである。

PEUGEOTの405。
このクルマを傷や凹み、汚れを気にせず乗っていると、とてもCOOLだと思います。

意図的にクルマに無頓着な感じを演出しながら乗りこなせば、外車上級者を演出できること間違いなし。ピカピカに磨き上げないことがポイントかと思います。BREAK(ワゴン)も良いですね!
250pxpeugeot_405_frontImagesPeugeot405break01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2006

プジョー306。

5年程前、友人がプジョー306を所有しており、よく運転をさせてもらった。

友人は306の前はゴルフⅡに乗っていた。ゴルフⅡと比較すると306は随分と日本車に近い印象を受けた。操作系は軽めで、内装はプラスチッキーだった。ボディの剛性感はイマイチ。しかし、車体が軽いせいか軽快に走らせることは出来る。特徴といえば、クラクションはレバーの先端を押して鳴らすこと位で、他にはこれといった印象は無い。

その友人は女性だったこともあり、操作系が軽い306の方が運転し易いと喜んでいたが、私的にはゴルフⅡのままの方がよっぽど良かったのではないかと思った。もちろん口には出さなかったが。。

フランス車はシートが良いというが、306に関してはデザインも座り心地もあまり良い印象はない。個人の好みもあるだろうが、外車に日本車と違う味を求めるのであれば306は選択肢から外した方が良いのではないかと思う。

気軽に乗れるという点で、足として割り切るのであれば良いのかもしれない。洗車などせずにこき使っていれば、それはそれでお洒落だろう。2

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 21, 2006

気になる車、プジョー505。

昔から好きな車がある。

その車はプジョー505である。スタイリングは凡庸であり、人気はいまいち。最近では街角でも全く見かけなくなった。もはや絶滅危惧種である。

だが、凡庸な中にもひねりの利いたそのデザインは何故か私の心を掴んで離さない。

特に印象に残っているのは、あの吊り上ったヘッドライトだ。
あの怒っているような、ちょっと間抜けなような目付きは一度見ると忘れられない。

パーツの供給状態さえ良ければ、是非とも所有し足車にしたい一台である。
185501

| | Comments (74) | TrackBack (0)