June 22, 2006

CRRを見学する。

知り合いの中古車屋にグリーンのクラッシックレンジが入庫していた。

クラッシックレンジといえば超高級車的なイメージがあるが、車体価格自体は10年落ちだけあって、50万円程度。内外装は綺麗で、オーディオやスピーカーにかなり手が入っており、音質は最高。エアコンもばっちり。鬼門とされるエアサスはコイルに変更されており、不安はない。ミッションもしっかりしている。あとスタッドレス用に純正ホイールが4本付属してくるのも嬉しい。

少々気になったのは据え切り時のパワステポンプの唸り音。これはPSフルードの量が減っているのが原因のようだ。自然に漏れることは無いので、恐らくどこかからフルードがリークしているのだろう。

パーツの価格や供給状態が気になるところだが、ディスカバリーのモノを結構流用できるらしい。これは維持費を安く抑えるポイントに成り得るだろう。

ただ、リアシートを倒しても大人が寝れるほど広くないのが難点だ。車体は大きく見えるのに、中はそれほど広くないのはゲレンデヴァーゲンと一緒。家族で普通に使用することを考えると、燃費や取り回し、乗り心地を含め、総合的にステーションワゴンの方に分がありそうだ。当面は240とE28のペアで過ごすのが、維持費の面でも使い勝手でも無難である気がする。

でも、やっぱり欲しいなぁ。。と思っているうちにあっさり売れてしまった。CRRに憧れている人は、まだまだ結構存在するようである。Crr

| | Comments (62) | TrackBack (0)