« July 2008 | Main | September 2008 »

August 31, 2008

露店で購入した革製ポーチ。

露店で外国人の方から購入した
革製のポーチを愛用しています。

非常に分厚い革を使用しており、
縫製も大味で雑なのですが、そのワイルドな質感や雰囲気が堪らなく素晴らしく、
細かな工具を入れるケースとして活躍してくれています。

油で汚れた手で触ったりしているので、
表面が黒ずんできてしまっていますが、それも味。

ガンガン使い倒して、
さらに味わいを深めて行きたいと思います。
Dsc03639_2

| | Comments (0)

Tricker'sをパレードグロスで磨く。

ダークブラウンのTricker’sストレートチップを
KIWIのパレードグロスで磨きました。

非常に艶やかな仕上がりで顔が写り込むほどに輝くようになりました。

このTricker’sは3年程愛用していますが、
履き込んで磨くほどに艶やかさが増していきます。

良い革は手入れを地道に継続して行なえば、
必ずその手間に応えてくれます。

Tricker’sはやはり素晴らしいメーカーですね。
Dsc03638

| | Comments (0)

August 25, 2008

ALDENを磨く。

今日は朝から激しい雨。

なのでラバーソールに張り替えたALDENで出勤しました。

このALDENは旧ロゴのかなり古いタイプになりますが、
その質感は素晴らしく履き心地も最高です。

トゥに傷が入ってしまっていますが、それも愛嬌。
この靴ならではの存在感というかアイデンティティになっています。

今日は帰宅後にデリケートクリームとKIWIのパレードグロスで磨きました。
程好い艶が出て非常に良い雰囲気です。

旧ALDENのプレーントゥ。
まだまだ永く履きたい1足です。
Dsc03633

| | Comments (0)

August 24, 2008

KIWIのPARADE GROSS。

ホームセンターで珍しいモノを発見しました。

KIWIのパレードグロスというシューケア用品です。
普通のKIWIは色々な店舗で頻繁に見掛けますが、
パレードグロスを店頭にて発見したのは今日が初めてでした。

値段も通常のKIWIと遜色なかったので、早速購入。

自宅に帰ってから今週履いた
ジョンストンマーフィーとクロケットジョーンズを磨きました。

普段よりもかなり艶が増して非常に良く光っています。
臭いも普通のKIWIよりもマイルドで非常に気に入りました。

KIWIのパレードグロス。
お勧め出来る逸品です。
Dsc03631Dsc03627

| | Comments (0)

240のオイル交換。

240のエンジンオイルを交換しました。

相当期間を空けているので、
排出されたオイルは真っ黒。
墨汁の様にどす黒く、臭いも強烈でした。

交換したオイルは倉庫に眠っていたカストロールのゼロハチ。
たしかホームセンターで2000円程度で購入した品です。

交換後に試乗に出ましたが調子は上々。
まだまだ元気に走ってくれそうな雰囲気です。

メーター交換もしてるし、交換後にオドメーターが止まっていた時期もあるので
正確な走行距離は分かりませんが、そろそろメーター読みで10万キロに到達します。

付き合い始めて7年目の240。
今後も長く付き合って行けたらなと思います。
Dsc03626Dsc03625Dsc03624

| | Comments (1)

August 22, 2008

LACOSTEのポロシャツ。

夏場、私はよくポロシャツを着ます。

今から約15年ほど前、
高校生の頃からポロシャツは私の夏服の定番でした。
制服の規制が緩めの学校だったので、腰履き学生服ズボン、もしくはディッキーズのノータックの黒チノをスソを引きずってボロボロにしながら履き、ワニのマークのラコステのポロシャツというのが夏の通学スタイルでした。

特に好んで着ていたメーカーはラコステ。
ラコステはポロシャツというアイテムを生み出したフランスのメーカーです。
その事に敬意を払う意味も込めて、学生時代から『ポロシャツ=ラコステ』という図式が私の中に存在していました。

一度、浮気心でラルフローレンに手を出したこともあるのですが、
シルエットの美しさやボタンの質感は、やはりラコステが一枚上手という印象を受けました。
ラルフのポロシャツはアメリカ製だけあって、ゆったりとしたシルエットです。
良く言えば緩くて快適、悪く言えば大味な印象が強かったのを覚えています。

約20年前は、古着屋に行くと往年のフランス製のラコステが、
それこそ腐るほど売っていたのですが、現在はフランス製ラコステ、
通称『フレラコ』の値段はうなぎ上り。着用可能なコンディションの品は
高くて購買意欲が湧きません。

なので現在は致し方なくフランス以外の国で造られたラコステを購入しています。
最近はペルー製が多いですね。

質感は往年のフレラコとは比べ物にならないほど劣りますが、
それでもラコステのポロシャツは美しいです。
型紙が良いのでしょうか?
着用するとアメリカ製のポロシャツよりも、やや細身で美しいラインを描きます。

ラコステのポロシャツ。
出来ればフレラコのデッドストックとか入手したいのですが、
現在のフランス以外で作られるラコステも中々魅力的です。
仕上げは多少荒いですが、往年のラコステらしさが残っています。

今年もまだまだ暑い日が続きます。
そんな日には鹿の子素材のラコステで外出しようと思います。
Dsc03621Dsc03623

| | Comments (62)

BREEと過ごした半年間。

ヌメ革のBREEのブリーフケースを約半年間使い倒しました。

日光を浴びて日焼けし、時には雨に打たれ、ハンドルは汗と手垢が染み込み、
時々デリケートクリームやブラッシングといったメンテナンスを繰り返した結果、
何とも味わい深い色艶を宿すようになってくれました。

これを味と感じるかボロくなったと感じるかは、個々の感性によるところですが、
私個人としては、自分の人生の一部を一緒に過ごし、成長(変化)したと
良い意味の変化であると解釈しています。

このBREE、一生使い倒していこうと思っています。
Dsc031181Dsc03613Dsc03614

| | Comments (73)

August 21, 2008

IL BISONTEのコンチョ付レザーブレス。

最近、愛用しているのがイルビゾンテのレザーブレスです。

普通のブレスよりも、かなり幅広でコンチョもついており、
非常に存在感のあるアイテムです。

購入したのはジャーナルスタンダード。
価格が思いのほか手頃だったので、見た途端に即決しました。

素材はヌメ革なので、最初は真っ白だったのですが、
太陽を浴び、水に濡れ、汗を吸い込み、一ヶ月ばかりでかなり味わい深い質感に変化しました。

イルビゾンテのコンチョ付レザーブレス。
夏場の寂しくなりがちな手元を飾るアイテムとしてお勧め出来る逸品です。
Dsc03609Dsc03611

| | Comments (0)

息子がクリクリ坊主に。

毎日溶けるような暑さが続いています。

1歳10ヶ月になる息子は毎日元気良く走り回っておりますが、
あまりに暑い日が続くので、脱水症状など起こさぬか心配です。

そこで少しでも涼しくしてやろうと髪型を丸坊主にしました。笑。
バリカンでガンガン刈って、見た目もスッキリ。
お気に入りのニューヨークヤンキースの帽子を被って今日もゴキゲンです。

最近、息子は乗り物に非常に興味を示すようになりました。
特に路線バスが大好きで、見掛けるたびに『バス、バス』と指差して大騒ぎです。
Dsc03545

| | Comments (0)

August 20, 2008

240、オーバードライブ入らず。

最近やけに240のエンジンの吹けが良いなと思っていたら、
なんとミッションがODに入らなくなっていました。

その結果、高回転のまま変速せずにガンガン車体を引っ張っているので、
いつもより速いし力強く感じていたようです。
お陰で燃費は悪く6km程度まで落ち込んでいました。

最近はガソリン代がすこぶる高いので、何とかせねばと思い、
怪しいと思われるODリレーをチェックしてみました。

ODリレーは運転席の膝下あたりに位置しており、
足元のファブリック製のカバーをめくればすぐ分かる場所にあります。
白くて大き目のHELLA社製のリレーです。

このリレーを取り外して中を点検すると、
リレーの足はいたる所が焼けており、半田のクラックも見受けられました。

そこで、パーツクリーナーで徹底洗浄後に、
怪しそうな半田部分を半田ごてでやり直して車体に戻してみました。

すると見事にミッションは復活。
きちんとODに入りますし、ODスイッチを押せばエンジンブレーキもしっかりと効くようになりました。

ミッションの不具合というと結構重症そうなイメージを受けますが、
今回は単純なリレーの不具合で、無料で直ってラッキーでした。

細かい不具合は出ますが、基本的に丈夫で故障しても簡単に直るという点で
240はとても優れたモデルだと思います。
これだから240は辞められません。笑。
Dsc03603Dsc03604

| | Comments (2)

August 03, 2008

LL BEANのトートバッグ。

定番中のド定番ですが、
LL BEANのトートバッグを愛用しています。

特に夏場は、コイツに財布と携帯とデジカメをポンポンと
放り込んで、小脇に抱えて散歩に出ると気分は最高。

オフホワイトなので汚れると目立ちますが、
丸ごと洗濯機に突っ込んでガンガンWASHをかけてエイジングも楽しんでいます。

大分色褪せてきちゃいましたが、
まだまだ現役で活躍してくれそうです。

この手のトートは安価だしいくつあっても困りません。
今年あたり色違いでもう一つ買おうかな?と思っています。
Dsc03582

| | Comments (2)

BREE、飴色に。

エイジングが進み、良い感じの飴色に変化してきたので、
通勤にBREEを使い始めました。

手頃なサイズで収納力も高く、
使い込むほどに艶としなやかさを増していくヌメ革のBREE。

日に日に愛着が増していきます。

数年後にはもっとエイジングが進み、
味のある雰囲気を醸し出してくれる事でしょう。
Dsc03579

| | Comments (0)

100thアニバーサリーのジャックパーセル。

久々にスニーカーを買いました。

スニーカーはいつもローテク系のコンバースとかVANSとかNIKEとかを買うことが多いです。
今回もローテク系の代表格、コンバースのジャックパーセルを選びました。

100thアニバーサリーの限定カラーであるパープルを選んで、
ちょっとカラーに遊び心を持たせました。

ダーク系のポロシャツにショーツといったシンプルな着こなしのワンポイントとして、
今年の夏はコイツをガンガン履き倒そうと思います。
Dsc03574

| | Comments (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »