« 最近の190Eの水温。 | Main | REDWINGのスパーソールをメンテナンス。 »

April 07, 2008

ALDENのUチップで出社する。

今日は朝は晴れていましたが、午後から雨の予報。

ラバーソールの靴を履こうと思いましたが、そんなに激しい雨は降らないだろうと勝手に思い、革底のALDENで出勤しました。革底とはいっても重厚なダブルソールなので、少々の雨なら大丈夫だろうと、このALDENを選びました。

ところが帰りはかなりの激しい雨。
ダブルソールのALDENは雨が染み込んで来るほどではありませんが、かなり水気を吸ってしまいました。しかしながら、さすがはタフなALDEN。激しい雨に打たれても、もろともしない耐久性を備えています。

帰宅後にメンテナンスしたら、以前の艶を取り戻しました。
取り戻したというか、益々質感を増した様にも感じます。

やっぱりALDENの耐久性は素晴らしいですし、履き心地も最高です。
デザインは少々野暮ったいですが、実用的なビジネスシューズとしては最高のメーカーだと思います。
Dsc03282Dsc03283

|

« 最近の190Eの水温。 | Main | REDWINGのスパーソールをメンテナンス。 »

Comments

はじめまして。

AldenのUチップで、雨に打たれたとのこと。大変だったと思います。写真を拝見する限りでは、雨の影響は全くなさそうですね。落合正勝氏の「[新版]男の服装術」という本にも、紳士靴は、雨にさらされて良い手入れをすることで、より素晴らしい輝きを増す、と書いておられました。それを実践されているのですね。ところで、Aldenだと、シェルコードバンの皮革になるのでしょうか。雨の日にシェルコードバンだと、影響があるように思うのですが、いかがだったのでしょうか。

Posted by: satotsuji | July 10, 2008 at 10:58 PM

satotsujiさん、はじめまして。

このALDENはコードヴァンではなく、カーフ素材です。
本当はコードヴァンが欲しかったのですが、たまたま安価でこのカーフのUチップを買う機会があったので購入しました。

しかしながら、カーフでも手入れさえすれば素晴らしい輝きを放ってくれます。履き心地も素晴らしいです。

コードヴァン独特の色艶も魅力的ではありますが、カーフならではの扱い易さや親しみ易さも捨て難いものがあります。

Posted by: volnak | July 13, 2008 at 01:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最近の190Eの水温。 | Main | REDWINGのスパーソールをメンテナンス。 »