« 高麗芝、最盛期へ。 | Main | フローシャイムの手入れ。 »

July 28, 2007

190Eのパワーウインドウスイッチ補修。

好調をキープしている190Eにトラブルが発生しました。
買い物に出掛けた妻から携帯に着信があり、『駐車料金払ったらクルマの窓が閉まらなくなったんだけど。汗。』とかなり慌てています。とりあえず『走る分には影響無いんだから家に帰って来い』といって電話を切りました。

妻が帰宅後に確認すると、パワーウインドウの開閉スイッチの動きがかなり渋い状態です。何かが引っかかっているようで窓を閉める方向にボタンが押せない状態になってます。どうやらスイッチ自体の不具合のようです。

シフトパネルを外して右側後席のボタンと付け替えてみると普通に窓が閉まりました。レギュレーターは特に問題が無いようです。やはりスイッチ単体の不具合のようでひと安心です。

不具合が発生しているスイッチをバラしてみると、接点を保持している金属製のボールがスプリングから外れてしまっています。簡易補修としてスプリングを少々伸ばして、ボールとの接点部分をグリスアップしてやりました。

作業後にスイッチ押してみると、『カチッ、カチッ』と小気味良く操作出来るようになりました。『これは直ったかも。』と思い、右側後席のスイッチ部に組み込んで見ると、完璧に動作します。とりあえず簡易補修は成功したようです。

この状態でしばらく使ってみて再発するようなら中古パーツでも探そうと思います。
Dsc02486Dsc02487Dsc02490


|

« 高麗芝、最盛期へ。 | Main | フローシャイムの手入れ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高麗芝、最盛期へ。 | Main | フローシャイムの手入れ。 »