« 蝶ネジ式のホースクランプ。 | Main | ラジエター脱着清掃、その後。 »

July 08, 2007

240のラジエター脱着清掃。

暦は7月。
もうすぐ真夏です。
最近の日本の夏は温暖化のせいか亜熱帯化しています。
旧車、特に古めの外車には日本の夏は非常に厳しい季節ですね。

そんな訳で今日は240のラジエターを清掃しました。240のラジエター脱着は非常に簡単です。結構大掛かりなイメージを持つ方が多いようですが、驚くほど簡単に取り外す事が出来ます。

240の取り外しの手順は下記です。
①冷却ファンを外す。
②ファンシュラウドを外す。
③ロアホースを外しLLCを抜く。
④アッパー&ロアホースを外す。
⑤ATFラインを外す。
⑥ラジエターの固定ステーを外す。
⑦ラジエターを外す。
以上の非常にシンプルな工程です。

ラジエターを外した後は市販のエアコン清掃スプレーをガンガン吹きつけ、散水用のホースで裏側から強めの水流で水を掛けます。枯葉や虫の死骸や糸クズ?等、驚くほどの汚れが出て来てちょっと驚き。

アッパーホースの差込口から水を流し込むと、サビ汁がロア側から吹き出てきます。毎年清掃してるのにこんなに汚れているなんて・・・。3分程流し続けてようやく水が透明になりました。苦笑。ラジエターを外したついでにエアコンのコンデンサーも裏側からエアコン清掃のスプレーで攻撃。これで熱交換率がアップしてクーラーの冷えも期待出来ます。

ちなみにラジエターやコンデンサーは裏側からの清掃が肝です。常に前から風を受けて汚れが堆積しているので、フロント側からスプレーを吹くと逆に汚れを内部に押し込んでしまいます。

最後にLLCを補充しエア抜きをして完了。夏場なので冷却効果を考慮しLLC濃度は薄めにしておきました。作業後に一日乗り回しましたが、水温は水温計の真ん中よりチョイ下で安定し渋滞でも全然問題なしです。

これで今年の夏も快適に過ごせそうです。
Dsc02418Dsc02422Dsc02425Dsc02423Dsc02428Dsc02433

|

« 蝶ネジ式のホースクランプ。 | Main | ラジエター脱着清掃、その後。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/15693955

Listed below are links to weblogs that reference 240のラジエター脱着清掃。:

« 蝶ネジ式のホースクランプ。 | Main | ラジエター脱着清掃、その後。 »