« 190Eのボンネットレバー交換。 | Main | レッドウイングのエイジング。 »

January 27, 2007

190Eのドアセンサー補修。

私の190Eは購入時より右リアドアに不具合があった。

ドアを開閉しても、ルームランプが点灯しないのである。
他のドアは開閉に連動してルームランプが点灯または消灯するのに、右リアドアだけは何故か点灯しない。。

そこで原因を探るべく右リアドア付近を点検。
まずはドアセンサーの動作確認。動きはスムーズで、目立った劣化は見受けられない。スイッチ自体は生きているようである。次にドアセンサーを引き抜いて配線の点検を実施。

ここで不具合が発覚する。
なんとスイッチの片側の配線が無くなっているのである。
懐中電灯とラジオペンチを用いてBピラー内部を漁ると、抜け落ちたコネクターが出て来た。
はめ直すと無事にルームランプが点灯。補修テープにて絶縁して、とりあえずは安心。

ルームランプ不点灯の原因はコネクターの抜け落ちであった。

それにしても何故取れてしまったのだろうか?自然に抜け落ちるようなストレスの掛かる場所ではない。間違いなく整備時の人為的なミスだと思われる。

まあ費用ゼロで直ったのだから良しとするか。苦笑。
Dsc01622Dsc01623

|

« 190Eのボンネットレバー交換。 | Main | レッドウイングのエイジング。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/13682719

Listed below are links to weblogs that reference 190Eのドアセンサー補修。:

« 190Eのボンネットレバー交換。 | Main | レッドウイングのエイジング。 »