« REDWINGの875。 | Main | 240のナビ配線チェック。 »

October 22, 2006

240のパワステ違和感。

最近、240で走行中にハンドルを切る際の異音と、ステアリングを通して伝わってくる振動が気になる。

なのでステアリング系統をチェックしてみた。まずは基本中の基本であるパワステフルードから。タンクを開け、中を覗くと、結構減っている。そういえば1年以上点検せずに放置していた。

なのでパワステフルードを交換してみることとする。

交換手順は簡単。使用済みシャンプーボトルで古いフルードを汲み上げて、新しいフルードを注ぐのみ。新油は倉庫をあさったら出てきた、レッドラインの使い残しと、190Eのトランクから発掘した前オーナーの残留品であるパワステフルード。こちらも使い掛け。

この2種類を混合すると丁度抜き取った500ccになる。なので2種混合で補充してみた。かなりいい加減だが、パワステユニット内のフルードを全交換するのは所詮無理。気を付けたって旧フルードと混ざるのだから、細かいことは気にしない。笑。

抜けたオイルは真っ黒。新油を注いだ後のオイルレベル調整時に抜いたフルードの色と比較すると、雲泥の差。墨汁とイチゴシロップくらいの差がある。

交換後はハンドルが軽くなり、異音も解消。やはりフルードの劣化と減りが異音と違和感の原因だったようである。安価かつ楽な方法で解消し、ひと安心だ。Dsc00846Dsc00847Dsc00848

|

« REDWINGの875。 | Main | 240のナビ配線チェック。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/12376899

Listed below are links to weblogs that reference 240のパワステ違和感。:

« REDWINGの875。 | Main | 240のナビ配線チェック。 »