« アアルトのNo.60スツール | Main | エリック・ファイファーのWAVOSテーブル。 »

October 14, 2006

190Eのデフオイル交換。

今日は午後から実家へ行くので、午前中は暇。。
なので190Eのデフオイルでも交換してみようと思い、190Eをジャッキアップ。

デフオイル交換など余裕かと思っていたのだが、190Eには意外と苦戦した。まずドレンのサイズが14ミリのヘックスという意味不明に巨大なサイズであることに驚く。またドレン側のボルトがマフラーと隣接しており、クリアランスが非常に狭い。なので手持ちの14ミリヘックスのコマが入らない。ショートなら何とか入るのだが、ブレーカーバーを接続すると絶対に無理。。

なのでちょっとイレギュラーだが、14ミリヘックスに14ミリのクローフィットを噛ませ、そこにブレーカーバーを接続するという、組み合わせでトライしたところ、何とか緩めることに成功した。整備も場数をこなすと色々な野戦テクニックが身についてくる。笑。

排出されたデフオイルは真っ黒。臭いも強烈。。いつ嗅いでもデフオイルの臭いは苦手だ。必ずオエッときてしまう。笑。

交換用に用意したオイルはTOTALの85W-90の品。1L缶で1500円程度だった。新しいオイルはYAMADAのオイルガンで注入。ココのオイルガンはかなりの良品。安物は2~3回でシールが傷んでしまうが、ココのは何回使ってもOK。

交換後の試乗では、かなり印象が良くなった。今まではワンテンポ遅れて加速するような感覚がしたのだが、交換後はアクセルと直結したようにダイレクトな加速を見せてくれる。

デフオイルが走りに占めるウエイトは結構デカイ。190Eでは700㏄程度の少量オイルだが、侮ってはいけない。Dsc00693Dsc00696Dsc00695Dsc00699

|

« アアルトのNo.60スツール | Main | エリック・ファイファーのWAVOSテーブル。 »

Comments

At this time I am going to do my breakfast, after having my breakfast coming yet again to read more news.

Posted by: luggage sets | January 09, 2014 at 05:56 PM

Hi there, just wanted to mention, I liked this article. It was helpful. Keep on posting!

Posted by: bathroom vanities | January 10, 2014 at 06:46 AM

Thank you for the good writeup. It if truth be told was once a amusement account it. Glance complex to more brought agreeable from you! However, how can we be in contact?

Posted by: Andres | May 13, 2015 at 08:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/12279243

Listed below are links to weblogs that reference 190Eのデフオイル交換。:

« アアルトのNo.60スツール | Main | エリック・ファイファーのWAVOSテーブル。 »