« ユナイテッドアローズのカーゴパンツ。 | Main | 240の燃圧レギュレーターホースが外れる。 »

October 23, 2006

240のLLC漏れの原因を推理する。

今日は昨日久々にメンテした240の調子を見るべく、240にて出勤。

ナビはとりあえず復活したようで、正常に動いている。モニターで電圧を確認すると、エアコンON、ライトON、ワイパーON、カーステONの状態で12.5V。やや低めだが、配線引き直し前の11Vを下回るような状況を考えれば、かなり良い数値だ。

気分を良くしつつも、昨日から気になっている240のLLC漏れの原因を色々考えながら帰宅。本当にラジエターのサイドタンク部分からの漏洩なのだろうか。。

過去のメンテナンス状況を思い出しながら、改めて原因を推理すると、LLC漏れが発生したのは、どうもラジエターホースを交換してから始まった様な気がする。。

この際、純正のホースから社外品の安い新品ホースに取り替えたのだが、このホースは新品状態から硬くて弾力が無かった。しかも表面は白く粉を吹いていた。。この品質の悪い社外品ホースが原因で、ホースの接合部からLLCが漏れ出しているのではないか。。

ホース類だけでなく、社外品の安価なパーツは初期品質が悪いことが多々ある。特にゴム製品やプラスチック製品は酷い。はじめから使い物にならないケースを数々経験してきた。。特に240はこの傾向が強い。まさに『安物買いの銭失い』状態である。笑。

ラジエターホースについては、今度ディーラーで純正新品を購入しようかと思っている。あと、ついでに怪しそうだったヒーターホースも。。となると、次はウォーターポンプのガスケット等も怪しくなってくる。最悪、ヒーターコアがパンクなんかしたりして。。

なんだか『水難の嵐』の予感。笑。

水周りは旧車の生命線。良質なパーツで一気に交換が鉄則。だけど金が掛かるのは困る。まあ、ここら辺をどうやって折り合いを付けていくかが旧車との付き合い方だ。

辛くはあるが、手懐ける喜び。それが醍醐味である。笑。

Dsc00827_1Dsc00834

|

« ユナイテッドアローズのカーゴパンツ。 | Main | 240の燃圧レギュレーターホースが外れる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/12395045

Listed below are links to weblogs that reference 240のLLC漏れの原因を推理する。:

« ユナイテッドアローズのカーゴパンツ。 | Main | 240の燃圧レギュレーターホースが外れる。 »