« 190Eのブレーキフルード交換。 | Main | STUA社のGLOBUSチェア。 »

October 12, 2006

学習椅子のレストア③。

イトーキの椅子を仕上げてみた。

仮組みした座面を外してフレームを再び紙やすりでサンディング。表面の傷や角のバリが粗方とれたら、BRIWAXを塗りこむ。カラーはクリアをベースに、ほんの気持ちだけJACOBEANを混ぜ込んだ。施工は自動車用WAXスポンジを利用すると簡単で綺麗に塗ることが出来る。

ちなみにBRIWAXは主にココで購入している。
GALLUP

仕上がりはまずまず。少々傷も残っているがそれも味。BRIWAXが浸透して良い風合いに変化した。木材自体も25年間ノーメンテナンスで乾燥しきった状態から、しっとりとした風合いを取り戻した。滑らかな木肌が美しい。

同じ柄の間仕切りの前で写真を一枚。なかなか良い雰囲気で部屋に溶け込んでいる。長年使ってきたものもレストアで再び命を吹き込むことが可能だ。

使い捨てばかりの昨今だが、今一度モノを大事にするということを意識していきたい。古いものには独特のオーラが宿り、新品以上の存在感が生まれます。Dsc00671_1Dsc00672_1Dsc00674Dsc00675


|

« 190Eのブレーキフルード交換。 | Main | STUA社のGLOBUSチェア。 »

Comments

volnakさんて車も家のリフォームも職人さんもビックリの腕ですよね♪ほんとに尊敬してます♪リンク先見たのですが、あの納屋すごいっすね!このお店行ってみたいです♪

Posted by: qwa | October 13, 2006 at 06:36 AM

qwaさん、こんにちは。

ちょっとした工具があれば結構DIYで色々出来ますよ!思い切ってやってみると、結構簡単だったりします。まあ、仕上がりや耐久性は職人さんには及びませんが。。笑。

あの納屋の古材を天井の梁とかにしてみたいですね♪やっぱり150年以上経ったモノというのは、強烈な存在感があります。

デザイナー物の家具も魅力ですが、無垢材の使い込むほどにアジの出る感じに最近強く惹かれます♪

Posted by: volnak | October 13, 2006 at 10:45 AM

I like reading through a post that can make men and women think. Also, thanks for allowing me to comment!

Posted by: plan q discret | July 26, 2014 at 02:41 PM

Moving Average ' ignores short-term price movement and shows the general trend. In short, RFID Reminder bands which praised by industry experts without reserve are perfect achievements with excellent quality but low cost. Earning Gold Coins Faster And Packs: Let us get the obvious out of the way.

Posted by: hack fifa 15 coins | December 15, 2014 at 04:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/12253414

Listed below are links to weblogs that reference 学習椅子のレストア③。:

« 190Eのブレーキフルード交換。 | Main | STUA社のGLOBUSチェア。 »