« 240のフロントダンパー交換③。 | Main | 折れたブリーダープラグのリカバリ方法を考える。 »

October 28, 2006

240のフロントダンパー交換 ~完結編~

途中、大失態を演じたが、とりあえず組み付け作業は完了。ブレーキも1系統は生きているので、とりあえずは普通に利いている。長距離は無理そうだが、近所をプラプラくらいなら走れそうだ。

なので組み付けた足の状態を確認すべく、チョコッとだけ走ってみる。苦笑。

走り出してすぐ変化に気付いた。フロントの車高が上がったせいでミラーの位置があわない。なんか地面ばかり写っている。あとハンドリングの剛性感がかなりアップ。嬉しいことに購入時より悩んでいたフロントからの異音は完全解消!これは恐らく、ダンパーを固定しているリングが緩んだため異音が出ていたのだと思う。新しいダンパーを入れて、リングをパイプレンチでキツく締め上げたら、完全に異音が解消した。

途中、道端に240を停めて写真撮影。フロントの車高があがって、今までとはちょっと違う雰囲気。なんだかシャキッとしている。

それにしても、今回のメンテは成功した部分もあるが、イタイ失敗が多かった。まずはストラットマウントを安い社外品で交換しようとしたこと。あんな酷い品なら今付いている使い込んだVOLVO純正ストラットマウントの方がよっぽどマシ。新しいのに塗装はひび割れてボロボロ。。外した純正と並べても、どっちが外した奴か分からないほど酷かった。。本当に240の安価な社外パーツの品質は酷い。。

あとブリーダープラグをねじ切ったのも、かなりキツイ失敗だ。だがココはひとつ前向きに考えることとした。とりあえず中古キャリパーを手配して交換してみるつもり。現在ついているキャリパーは現状より良い状態で復活させるべく、OHにチャレンジしてみようと思っている。そうすれば240のコンディションも、自分のメンテナンスのスキルも、現状よりアップする筈だ。

『転んでもタダでは起きない』
この精神が旧車乗りには必要不可欠。笑。
旧車乗りでなくても、この気持ちは重要。
『失敗を糧に人間は成長する』
失敗を失敗のまま終わらせるのは勿体ない。
次に繋げれば、その失敗にも価値が生まれる。
少々話しがズレてしまった。。笑。

240は乗れないことはないが、せっかくクルマを2台所有しているのだからあえて危険を冒すことはない。当面は190Eメインの生活にしよう。

でも、せっかく足回りと機関の状態が良くなった240に乗れないのは非常に残念だなぁ。。Dsc00899Dsc00900Dsc00902_1

|

« 240のフロントダンパー交換③。 | Main | 折れたブリーダープラグのリカバリ方法を考える。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/12464792

Listed below are links to weblogs that reference 240のフロントダンパー交換 ~完結編~:

« 240のフロントダンパー交換③。 | Main | 折れたブリーダープラグのリカバリ方法を考える。 »