« MONT BLANCのP164。 | Main | PEUGEOTのペッパー&ソルトミル。 »

September 02, 2006

フローリング材を仮施工する。

オーダーしていたフローリング材が本日到着した。

気候も良いので早速梱包を開け作業を開始する。選んだフローリング材はフィンランドのレッドパイン材。木目の美しさと柔らかい質感が魅力の木材である。柔らかめなので厚さは19ミリの少々厚めの板をセレクトしてみた。

板は四方ザネ加工(長手、短手共にサネ加工)されており、表面は健康に配慮した塗料でのウレタン塗装を施してある。安価だったが非常に質感の良い良品であった。

無垢のフローリング材は湿度や温度によって伸縮する性質があるので、施工には注意が必要。いきなりボンドとフロア釘で本施工するのではなく、並べるだけの仮施工をした後、数週間様子をみてから本施工する必要がある。

部屋の長い辺に沿う形でフローリング材を敷き詰めてゆく。余り部分は少々短めにカットして余裕を持たせる事が必要だ。そうしないと敷き詰めた後に膨張して浮き上がったり割れたりしてしまう。

あっという間に3畳間の仮施工が完了。最後の一列は本施工後にはめ込まないと剥がせなくなるので、カットのみしておいた。あとは様子を見ながら本施工のタイミングを待つのみである。
Dsc01608Dsc01610Dsc01612Dsc01617Dsc01618Dsc01619

|

« MONT BLANCのP164。 | Main | PEUGEOTのペッパー&ソルトミル。 »

Comments

いつも、楽しく拝見させていただいています。さとやんです。
VOLNAKさんは、たくさんのことを知っているので年配の方かと思いきや、私と同世代なんですね(わたしは29歳です)

わたしもいま、畳の部屋を1枚198円の無垢材を買ってきて、その上にオイルステインをぬりたくり、なんとか部屋を作っています。

自分でやると少々、へたくそでも味があっていいですね。早く完成させ、のんびりすごしてみたいです。

暑い日が続きますが、お体ご自愛ください。

Posted by: さとやん | September 03, 2006 at 08:02 AM

さとやんさん、こんばんは。
コメント有難うございます。私も29歳なので同い年ですね!

DIYのリフォームは自分のペースで作業出来るし、作業中に方向転換も可能なのが魅力です。現在は子供が生まれることもあり急ピッチで作業をしていますが、なかなか良い出来栄えに自己満足しています。元の状態はとても人が住めるような状態ではなかったので。。

素材を選んだり、作業の工程を把握出来るので、その点でもDIYは安心ですね。

お互いカッコ良い部屋を目指して頑張りましょう。

Posted by: volnak | September 03, 2006 at 10:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/11728145

Listed below are links to weblogs that reference フローリング材を仮施工する。:

« MONT BLANCのP164。 | Main | PEUGEOTのペッパー&ソルトミル。 »