« 1000チェア。 | Main | dysonの掃除機。 »

September 04, 2006

パントンチェア。

私が椅子を好きになったきっかけである写真集『チェア1000』の表紙を飾っていたのが、この『パントンチェア』。

この椅子は1960年にデンマークの『ヴェルナー・パントン』というミッドセンチュリーを代表するデザイナーが造った椅子である。パントンはオーガニックデザインというジャンルを代表する工業デザイナー。オーガニックデザインの学術的な意味は詳しく知らないが、『有機的=生命感のある、自然的、、』等の意味があるので、私は無機的の対極と解釈している。つまり『機能美』や『洗練』という現代のデザインにおける美徳とはちょっと違った魅力のあるデザインを意味するのではないだろうか。

『いい意味で無駄、モノというよりも生き物。温かみや柔らかさ、生命力を感じる。』

この椅子に惚れ込み海外から輸入して3ヶ月待った末に購入出来たのがこの一脚。DIY改装した部屋に置いてみると、やはり素晴らしい。北欧製品だけあってフィンランドパインとも絶妙の相性。良く似合っている。

座ってみると、けして座り易くはない。むしろ座面が高すぎて落ち着かない感がある。

だが私はこの椅子が好きだ。部屋にチョコンと置くだけで空気までも換えてしまう強烈な個性。まさに20世紀を代表する魅力的な製品である。

私が240や190Eといった良い意味で『無駄』の多い工業製品を好むルーツは、全てこの一脚に集約されているように思える。

まさに私の人生観を変えてくたのが、この『パントンチェア』。

興味のある方は部屋に飾ってみては如何ですか?
200609042124000

|

« 1000チェア。 | Main | dysonの掃除機。 »

Comments

私も今パソコンの前で座っているのはこれの黒ですよ~
不思議と結構な時間座っていても疲れませんよね
ダイニングの椅子を全部違う色でシェルチェアに
するのが夢なんですが…高いっすね


Posted by: qwa | September 07, 2006 at 06:07 AM

おぉ、qwaさんもパントンお持ちですか!
部屋にこれを置くだけで生活感が払拭されますよね。家は定番の赤ですが、黒も渋くてカッコ良さそうですね。

イームスのサイドシェルチェアを持ってますが、座り心地はパントンより格段に良いです。サイズ的にもダイニングで使うのに丁度良いと思いますよ。

今度写真をアップします。

Posted by: volnak | September 07, 2006 at 09:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/11762131

Listed below are links to weblogs that reference パントンチェア。:

« 1000チェア。 | Main | dysonの掃除機。 »