« 190Eのインシュレーター。 | Main | E28の納車整備。 »

August 04, 2006

190Eの吸気系点検。

190Eの整備テーマはとにかく金を掛けないこと。掛けるのは金ではなく手間。分解と清掃でどこまでコンディションを底上げ出来るかチャレンジしたい。

今回のメンテナンスメニューは簡単に出来る吸気系の点検&清掃である。

190Eのエアフィルターはエンジン上部の黒いボックスの中に格納されている。スロットルはその下に隠れている。まず黒いボックスの蓋を外してエアフィルターをチェックする。まだ新しいようで、目立った汚れはない。まだまだ使えそうなので、とりあえず外して、パタパタと埃をはたいておいた。

続いて、倉庫に余っていたエンジンコンディショナーをスロットル内に吹き込んだ。これはパーマ液のような臭いのする溶剤で、エンジン内の汚れを取り去ってくれる代物。

汚れている部分を中心に軽く吹きかけて、しばらく置いておくと、みるみる汚れが浮いてくる。

しばらく放置したら、エアフィルターを組みなおして、エンジン始動。

マフラーから白い白煙がモウモウと出てくる。
これは先程の溶剤が燃えている為で、不具合が発生した訳ではない。

しばらく走らせると、どんどん調子が上がってくる。まるで車体が軽くなったかの印象だ。

やはり190Eも状態が良いとはいえ、17年前の車。手を入れる毎にコンディションがアップする。これが楽しくてたまらない。まさに旧車趣味の醍醐味を感じる瞬間である。
Dsc01421Dsc01422

|

« 190Eのインシュレーター。 | Main | E28の納車整備。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/11250637

Listed below are links to weblogs that reference 190Eの吸気系点検。:

« 190Eのインシュレーター。 | Main | E28の納車整備。 »