« PORTERのタンカーシリーズ。 | Main | CASIOのGショック。 »

August 15, 2006

240で北海道一周。

PCを整理していたら懐かしい写真が出て来た。
数年前に出掛けた北海道旅行の写真である。今思えば、この旅が240に特別な思い入れを抱くようになったきっかけとなった。

今から3年程前、急に一人でフラッと旅に出たくなった私は、会社から顰蹙を買いつつ2週間休暇を申請し、後先考えずに家を出た。240にルーフボックスを取り付け、その中に工具と生活用品を満載。リアには布団を積んで寝床にしながら約10日間かけて北海道を一周。寝るのは全て240の中。コンビニでビールを買い込み、特産品を適当につまみながら道の駅で夜を明かす。旅行というよりも放浪といったイメージに近い。10日間での走行距離は6000km。今思えば随分と無茶なことをしたものだ。家庭を持った今となっては、日程的にも体力的にも無理だろう。

道中の240は大きな故障もなく快調だった。せいぜいオイルを足したり、バルブを交換したぐらいのメンテナンスで6000kmを走りきった。

どこまでも伸びる道。綺麗に透き通った海や空。やさしい人々。驚くほど上手い魚介類。5月だというのに数メートル積もっている雪。道端を横切るシカやキツネ。肌がスベスベになる温泉。今でもはっきりと覚えている。

中でも一番感動したのは、留萌から稚内に伸びる海沿いの道路。右手に巨大な風車、左手に利尻島を眺めながら、延々と伸びる道をひたすら走る。日が落ちてくると巨大な夕日があたりを真っ赤に照らす。対向車のヘッドライトが見えてからすれ違うまでの時間が驚くほど長い。思わず涙が出そうになるくらい感動した。

この旅を通して240の魅力を知ると共に、離れがたいものを感じた。そして現在も240は私の手元にある。この先も動き続ける限り手放すことは無いだろう。Dsc00606_1Dsc00611Dsc00645Dsc00653

|

« PORTERのタンカーシリーズ。 | Main | CASIOのGショック。 »

Comments

The innovative part of the Xperia X1 are the panels displayed on the large touch screen. You will take advantage of the advantages provided by Android Ice Cream. Lockscreen display system using a vertical swipe with a shortcut to the camera bottom.

Posted by: Kelemahan Sony Xperia Z3V | December 10, 2014 at 09:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/11444603

Listed below are links to weblogs that reference 240で北海道一周。:

« PORTERのタンカーシリーズ。 | Main | CASIOのGショック。 »