« KAVEのショートパンツ。 | Main | 240のスタビライザーリンク交換。 »

August 12, 2006

240の久々のエンジンオイル交換。

久々に240のエンジンオイルを交換した。
思えば一年近くオイル交換なしで走らせ続けてきた。さて、どんな状態になっているか。。

ジャッキスタンドに240を載せて早速下に潜る。オイルパンのドレンボルトは1インチ。かなり大きいサイズだ。BENZやBMW等のドイツ車が約14ミリであることから考えると、相当大きい。約2倍である。その分、締め付け時のトルク管理には注意が必要。ドイツ車は軽く締めれば漏れることは無いが、240についてはかなりきつく締めておかないとオイルがボタボタと垂れてくる。どうやらドイツ車と比較し工作精度が低いみたいだ。こういったところが北欧車らしい癒し系車の魅力?である。

ラチェットハンドルに1インチのコマを装着し、ドレンボルトを緩める。するとドバッとオイルが噴出す。かなりの勢いで排出されるので、体に浴びないよう注意が必要だ。オイルが完全に排出されるのを待って、フィルターも交換。フィルターは車体下からベルトタイプのフィルターレンチで緩める。この際もオイルが漏れてくるので注意が必要。締め付けは手でぎゅっと閉めればOK。レンチであまり強く締めると焼き付いて外れなくなってしまうので程々に。

外したドレンボルトを見ると、鉄粉がビッシリ付着している。実は前回のオイル交換時にマグネットドレンボルトに交換していたのだ。これはオイルに含まれる鉄粉を磁石で吸い寄せるという代物。結構効果があるようで、驚くほどの鉄粉が付着していた。オイル交換の杜撰さを反省した次第である。

ドレンボルトを綺麗にして装着し、新しいフィルターを取り付けてエンジンオイルを注ぐ。今回もシェブロンの10W-40の鉱物油を使用。安いので気楽に使えるのが嬉しい。4L強を注入して作業完了。

交換後は約1年ぶりの交換ということもあり、随分とエンジン音が静かになった。やはりエンジンオイル交換はメンテナンスの基本。定期的な交換が愛車の健康維持には欠かせない。
Dsc01462_1Dsc01463Dsc01464

|

« KAVEのショートパンツ。 | Main | 240のスタビライザーリンク交換。 »

Comments

Oh my goodness! Incredible article dude! Thank you so much, However I am going through troubles with your RSS. I don't know why I can't join it. Is there anybody getting similar RSS problems? Anybody who knows the solution will you kindly respond? Thanks!!

Posted by: howtotradeoptionsfast.blogspot.com | April 14, 2014 at 06:05 AM

Can you tell us more about this? I'd like to find out some additional information.

Posted by: www.future-fashion-design.eu | September 15, 2014 at 12:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/11406502

Listed below are links to weblogs that reference 240の久々のエンジンオイル交換。:

« KAVEのショートパンツ。 | Main | 240のスタビライザーリンク交換。 »