« 240のATF漏れ修理①。 | Main | 240のATF漏れ修理③。 »

April 10, 2006

240のATF漏れ修理②。

オイルパンを外すと、オイルパンの中は綺麗な鉛色。AT内部も綺麗な鉛色。最初は『年式の割にものすごい綺麗な状態』でATは良好であると思った。しかしオイルパンにパーツクリーナーを吹き付けると、見る見る墨汁のような色に変化してきた。ペーパーで拭き取ると真っ黒だ。拭き取った部分は綺麗な銀色になった。つまり元々鉛色だったのではなくAT内部一面に金属粉が付着して、このようなくすんだ色になっていたのだ。

オイルパン底に取り付けられているマグネットにも鉄粉が大量に付着している。子供の頃に砂場で磁石を使って砂鉄を集めた時の事をふと思い出した。

ATフィルターを8ミリのボルト5本を緩めて外すと、更にATFがドバッと垂れてくる。フィルターも同様に鉛色で金網部分には粉のような鉄粉の塊が残っていた。フィルターのガスケットは見た目は綺麗だがカチカチに硬化しており、軽く触れただけでポロポロと崩れ落ちる。この破片がAT内部に回ったらトラブルに繋がりそうだ。。

ここで少々思い切った方法でAT内部を清掃してみた。こんな事すると不具合が起きるかもしれないのであまりお勧めは出来ないのだが、パーツクリーナーをAT内部へ吹きかけてみたのだ。すると表面がみるみる鉛色から銀色に変化し、ポタポタと灰色の液体が垂れてきた。面白いのでパーツクリーナー丸々1本分をAT内部へ吹き付けてしまった。

パーツクリーナーが完全に揮発するのを待ち、いよいよ組み付け工程だ。
Dsc01271Dsc01273

|

« 240のATF漏れ修理①。 | Main | 240のATF漏れ修理③。 »

Comments

This article will assist the internet people for creating new weblog or even a blog from start to end.

Posted by: bayside pool supplies | April 15, 2015 at 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/9518865

Listed below are links to weblogs that reference 240のATF漏れ修理②。:

« 240のATF漏れ修理①。 | Main | 240のATF漏れ修理③。 »