« PBのホースリムーバー。 | Main | 240の今後の課題。 »

November 18, 2005

240のパワステフルード交換。

先日アストロのATF交換を実施した際、ATFが1L程余ってしまった。開封後のATFを放置しておくと酸化してしまうので非常にもったいない。そこで240のパワステフルードに流用することとした。

パワステフルードの交換は使用済みのシャンプーボトルを再利用して簡単に実施可能だ。まずパワステフルードタンクのリザーバーキャップを外す。洗浄しておいたシャンプーノズルの吸い口を差し込み、ポンピングする。するとどんどんパワステフルードが排出されてくるので、適当な空容器で廃油を受ける。透明のペットボトル等を利用すれば廃油の色や量を確認できるのでお勧めだ。廃油はオイル処理BOX等を利用して処分する必要がある。パワステオイルのみでは少量であるため他のオイル交換作業と同時に実施し、まとめて廃棄すると経済的である。タンク内が空になったら規定量までATFを補充する。キャップを閉めてエンジンを始動し、エア抜きのため数分間近所を周回する。戻ってきたら再度パワステフルードのレベルを確認し、減っているようであれば規定量までATFを補充し、作業完了だ。

交換後はハンドルが幾分軽くなった。劇的な変化はないが、お手軽メンテナンスとしてお勧めの作業項目である。

|

« PBのホースリムーバー。 | Main | 240の今後の課題。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83284/7178035

Listed below are links to weblogs that reference 240のパワステフルード交換。:

« PBのホースリムーバー。 | Main | 240の今後の課題。 »